トップページ » 観る » 【5/21再開】旧百三十銀行行橋支店(行橋赤レンガ館)
行橋市で観る

歴史・文化 【5/21再開】旧百三十銀行行橋支店(行橋赤レンガ館)

 | 記事更新日:2020.05.19

行橋赤レンガ館再開のお知らせ

新型コロナウィルスの感染症拡大を防止するため休館しておりましたが、

5月21日(木)から開館します。

今後も新型コロナウイルス感染症対策のため、当面の間は下記についてご協力いただきますよう、お願いします。

・開館時間を短縮し、10時から16時とします。

・建物入口の消毒液で手指の消毒を行ってください。

・マスクの着用をお願いします。

・ご本人またはご家族に発熱・せき等の症状がある場合は、入館をご遠慮ください。

・観覧の際はお客様同士、2m程度の間隔をあけてください。

・ 入館制限を行う場合がございます。その際は館外でお待ちください。

紹介

東京駅を設計した辰野金吾が関わった、大正時代の銀行建築。
作品展示やコンサートなどギャラリーとしても活用されています。

問合せ

【行橋赤レンガ館】 

〒824-0003 行橋市大橋3丁目7-14  TEL・FAX:0930-23-7724

【行橋市教育委員会 文化課】

TEL:0930-25-1111(内線1168)

リンク先

行橋赤レンガ館(旧百三十銀行 行橋支店) ※利用案内等はこちらをご確認ください。

イベントカレンダー

お出かけ関連情報

  • 行橋市へのアクセス
  • 市内の交通手段

刊行物

その他リンク

  • サイドリンクボタン

    • 行橋市
    • 行橋観光協会
    • 京築まるごとナビ
    • 市報ゆくはし
    • ふるさと応援寄付
    • 行橋市観光ポータルサイト
    • 多言語化サイト